大和証券 Daiwa Securities よくあるご質問

特定口座年間取引報告書の「譲渡の対価の額(収入金額)」や「取得費及び譲渡に要した費用の額」の金額が、実際の取引金額より大きいのはなぜですか?

平成28年1月より、金融所得課税の一体化に伴い、MRF等を含む公社債・公社債投信が、特定口座の対象となったため、「特定口座年間取引報告書」には、MRFの取引金額が含まれています。
なお、MRFは、株式等の買付代金に充当する際やATM等で出金する際に自動的に売却されており、特定口座においては、この取引が「譲渡」に該当します。


例えば、A株式を300万円で売却し、その売却代金の300万円を出金した場合、「特定口座年間取引報告書」の「譲渡の対価の額(収入金額)」は、600万円(A株式売却代金300万円+出金のためのMRF売却代金300万円)と記載されます。

上記例のように、MRFの取引が発生した場合、特定口座での譲渡取引金額は、実際の株式等の取引金額よりも大きくなります。

この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask