大和証券 Daiwa Securities よくあるご質問

通常の配当金と資本剰余金を原資とする配当金の違いは何ですか。

税務上の取扱が異なります。

 

■利益剰余金を原資とする配当(通常の配当)
配当所得となります。個人のお客さまの場合、税金(所得税・住民税)が源泉徴収されます。

 

■資本剰余金を原資とする配当
譲渡所得となります。個人のお客さまの場合、自ら譲渡損益を計算し、原則として、確定申告を行う必要があります。
税務上、株主が保有する株式の一部を譲渡したものとみなされます(「みなし譲渡」と呼ぶ)。
※「資本の払い戻し」に該当しない部分(「みなし配当」と呼ぶ)は配当所得として扱います。
※通常、発行会社から株主宛ての「配当金に関するご案内」等の文書にて、資本剰余金を原資とする配当である旨、みなし配当の額、及び純資産の減少割合などが案内されます。

この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask